カテゴリー

最新の記事

2019.10.11
智歯の近心傾斜
2019.10.09
保険治療6人
2019.10.08
統一専門医審査準備はじめる
2019.10.07
男子中学生の保定診断
2019.10.05
口唇閉鎖値の改善を説明

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。10月12日は台風の影響で休診とさせていただきます。
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年6月15日の記事

治療方針の変更2019/06/15

マルチブラケット治療経過が約1年の20代女性が来院した。

この患者さんは厳しい出っ歯で下顎の叢生も著しかった。

そこで、上顎のみの第一小臼歯で、下顎は非抜歯の治療方針をたてた。

現在、上顎の犬歯の遠心移動は終了し前歯の後退に入っている。

程よいオーバージェットになってきたが、まだ後退させられるスペースが片側3ミリ以上残っている。

一方、下顎は前歯の叢生は改善したが、両側第2小臼歯が舌側に傾斜して歯列に入っていない。

そこで、ここ数ヶ月、その部にコイルスプリングを入れてスペースを得ようしてきた。

その結果、ある程度、スペースができたが、まだ小臼歯が並ぶには不足している。

それだけならまだ拡大するのだが、その影響で下顎前歯の唇側傾斜が著しくなってきた。

そこで、先月、下顎両側第2小臼歯の抜歯について話し始めた。

そして今日、印象採得し模型で、セファロ撮影をして下顎の前歯の唇側傾斜を説明した。

その結果を相談して抜歯の了解をいただいた。

治療方針の変更はしたくないが、このままだらだら続けていたら期間ばかりかかってしまう。

それでは抜歯をどこでやってもらうか、ということになる。

そこで、幸歯会でお付合いしている飯島先生に依頼書を書いた。

昼前だったが、すぐに診ていただけた。それでもすぐに処置してもらえるとは想像していなかった。

午後に診療室に戻ると、2本とも抜き終えているとのことで午後にワイヤー交換をすることとなった。

だから、まったく滞ることなく治療方針の変更ができた。

新しい治療方針で、すばやく結果を出したいと思っている。

治療について

 

 

 

ブログ2019年6月|18:33:56

このページのトップへ