カテゴリー

最新の記事

2019.08.24
ニューヨーク転居の続き
2019.08.23
1枠に兄弟3人初診相談
2019.08.21
仕上げに当たり細かい指摘
2019.08.20
新患者3人
2019.08.19
マルチブラケット期間3年9ヶ月

アーカイブ

カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年7月16日の記事

首が痛い2019/07/16

11才女子が来院、数年前より将来顎変形症ではないかと1年に一度観察している。

顎だけでなく、身体も非対称のようにも見える。

今日来院したのは、首が痛いという。

整形外科で診てもらったが、そこでは問題なかったようだ。

そして、咬合が疑われた。

診ると確かに咬合平面は傾斜し半分クロスバイトであった。

これをみて咬合が関係ありそうな気がする。

しかし、それを即、矯正治療に結びつけるのはどんなものかなと思った。

余計おかしなことになることも考えられる。

そうだとすると、まずスプリントのようなもので咬合の安定をはかり、症状の変化をみることがよさそうだ。

それには顎関節症に準じて口腔外科で診てもらうことが良いと考えた。

遠くから来院の患者さんだったので、近くの病院の口腔外科で診てもらうことになった。

症状が落ち着き、咬合が原因がはっきりすれば矯正治療を進めるのも良いことだろう。

うまくいけば外科併用矯正を避けられるかもしれない。

治療について

ブログ2019年7月|19:14:50

このページのトップへ