1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. ニューヨーク転居の続き

カテゴリー

最新の記事

2019.09.21
ブラケット一時撤去
2019.09.20
急患5人
2019.09.18
顎変形症の男子高校生3人
2019.09.17
バンド周囲炎
2019.09.14
厳しい上下顎前突の相談

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年8月24日の記事

ニューヨーク転居の続き2019/08/24

先月27日に9月後半にニューヨーク転居と告げた患者さんが今日来院した。

そのことを告げられてからどのような対応がよいのか考えていた。

まず紹介先を探そうとAAO(アメリカの矯正歯科医会)も名簿をみた。

そうしたら10年前のでちょっと古かった。

またニューヨークの矯正歯科医のページ数はかなりありコピーするには多すぎた。

また料金は偏在35万円いただいていたが、治療の進行から考えて10万円返金することで了解を得た。

また、今日はもう少し詳しくニューヨーク転居の様子が聞けた。

まず1年のためしで、それで帰ってくる可能性もあるそうだ。

そうなるとニューヨークの一年間でマルチブラケットがはずれる可能性は低い。

それでは、また転医になってしまう。

そのことも含めて現在の装置をつけたまま出かけるのかはずすのかを相談した。

ただし、はずしっぱなしにすると九ヵ月間治療し、やっと見通しがついてきたのが戻ってしまう。

そこで取り外しのできるリテーナーをつけて撤去することとなった。

それがいちばん簡単なのがクリアリテーナーだが、それでは歯列の幅径が保てない。

かなり拡大しているのでそれを保ちたい。

そうなるとプレートになるが、1回の通院ではできない。

そんな相談のなかで2週間後の撤去は決めた。

それまでになんとか簡単に作れる歯列幅径が保持できる保定装置を考えなければならない。

治療について

 

 

 

ブログ2019年8月|17:19:02

このページのトップへ