1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. メール相談のパターン

カテゴリー

最新の記事

2020.02.22
ホームページ限定解除が分かる
2020.02.21
よい3Dプリンタか
2020.02.18
統一専門医筆記試験の勉強
2020.02.17
装置撤去後歯肉が改善しない
2020.02.15
側切歯クロスバイト

アーカイブ

カレンダー

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2020年2月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2010年8月18日の記事

メール相談のパターン2010/08/18

今日もメール相談にお答えした。やはり正面からの咬合位と口元の横顔の写真が添付されていた。

これを見たときに、先日、のメール相談の文章を基本にアドバイスできるなと思った。

写真はそれぞれ異なり、相談の文章も多岐にわたる。しかしだんだん似たようなパターンに分類できるのではないかと思うようになってきた。

やはり日ごろデータベースをいじっているからそんな考えが出てくるのだろうか。

似たようなパターンを多く登録し、そしてそれを素早く検索して、さらにそれを加工して、相談者にぴったりの文章に能率的に仕上げる。これからそんなようにしていくことが必要になってくるのかなと思っている。

しかし、最終的には相談者は一人ひとり別で、それぞれが悩みを持って相談のメールを送ってくるのだから、ただ画一的な答えを返していたのでは、メール相談の意味がなくなってくる。だから送られてきた写真からの情報を適切に判断し、相談の文章を良く理解して回答をしなければならないとことは当然のことと思っている。

矯正相談

ブログ2010年8月|18:35:45

このページのトップへ