1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 顎変形症手術後の安定

カテゴリー

最新の記事

2020.04.07
緊急事態宣言への対応
2020.04.06
初診後の検査予約はいつに?
2020.04.04
バンド用セメント
2020.04.03
コロナウィルスと診療
2020.04.01
3軒目の矯正相談

アーカイブ

カレンダー

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2020年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2020年1月27日の記事

顎変形症手術後の安定2020/01/27

矯正治療の治療後の安定は難しい。

長い間、矯正治療に携ってきたが、まだよく分からない。

最近また顎変形症が多くなってきている。

今日は顎変形症の20代の男性がかみ合わせについて相談に来た。

その患者さんは手術後半年余で術後矯正を終えて保定は2ヶ月程度だ。

前歯のかみ合わせが浅くなってきたという。前歯部は浅いが被蓋している

左側臼歯はしっかり咬んでいるものの右側は不十分で咬合紙を咬ませても抜けてしまう。

たしかにマルチブラケット撤去時はもう少ししっかり咬ませて終了したと思う。

それが安定していないのはわかる。

いつも感じることだが初診時に比べたらとても良い状態になっているが、

マルチブラケット撤去時と比べると少し問題がでてきているということだろう。

このケースではまだ保定2ヶ月、これで安定するのか、さらに悪化するのかわからない。

そんな場合には「もうしばらく観察しましょう」という。

そこで、妥協できる範囲なら終了の方向になるし、治したければ再治療となる。

それも術者側の感覚と患者さんの感覚ではまた違う。

そして相談の結果、どうするかが決まる。

再治療のケースも時々ある。それで満足されるのなら再治療もよいのではないか。

それにしても矯正治療の術後の安定はよくわからない。

だから負担の少ない範囲で保定装置をずっと続けることでも良いのかもしれない。

治療について

 

ブログ2020年1月|19:24:42

このページのトップへ