健康で明るい笑顔は美しい歯並びから 大川矯正歯科クリニックは、お口の健康を通じて、身体ともに健やかに暮らすためのお手伝いをいたします。
日本矯正歯科学会専門医によるオンライン矯正相談受付中!

トピックス

夕暮れの時間が早くなった2020/10/21

10月も後半となり、暑かったこともだんだん忘れてきました。

それでも今年は、冬服で通学している学生をまだあまり見かけません。

まだまだ寒くはない日々が続いています。

夕方もまだ寒くはないのですが日が暮れるのがとても早くなってきました。

夕暮れが早くなると今年も終わりが近づいてきたことも感じます。

当院では引き続きコロナウイルス対策として、

・待合室の椅子は間隔をあけて座っていただく

・来院の際はアルコール消毒にご協力いただく

・待合室の雑誌の撤去

・受付、診断コーナーに透明のシートを設置

・待合室、診療室の窓ドアの開放、換気

・診療前に消毒液でガラガラうがいをしていただく

・フェイスシールドの装着

・全ユニットに口腔外バキュームの設置

などを行っております。

矯正治療は長期間かかります。そして急を要しない治療です。

とかく相談も遅れがちです。今年の内に相談と考えるのも良いかもしれません。

今は比較的すいている時期です。相談のチャンスです。

先週のブログより2020/10/19

『就学児童検診 』 2020/10/13

コロナ禍で、学校の春の検診が秋になってしまった。

つい先頃、2回にわたって、検診を行ってきた。

いままででも口の中は診にくいのに、今回はフェースシールドとダブルミラー。

とってもやりにくかった。

今日も、もちろんその態勢で検診を行うのだが対象が就学児童の6歳児だ。

通常の検診と違って、歯式を読み上げる必要はない。

乳歯と永久歯の処置歯と未処置歯の数を言うだけだ。

先日の通常の検診よりは楽だが、それでも次々小さい子が続く。

さらに泣き出す子もいれば、口を開けない子もいる。

処置も未処置もない子は見てすぐ終わるので楽だが、レジン充塡は分からない。

フェースシールド越しでは見えないし、両手ミラーを持ていては探針も使いにくい。

来年もコロナが続きこんな検診になるのかと思うと気が重くなる。

昭和の終わり頃から学校歯科医を務めているがそろそろ終わりかな。

駐車場のご案内2016/11/19

お車でお越しの方は、

玄関横3台と向かいNo.1No.6

にお停め下さい。

※図はクリックすると拡大できます。

このページのトップへ