1. TOP
  2. リスク・副作用
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。年末年始は12/29から1/4まで休診となります。
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

リスク・副作用

矯正歯科治療に伴う一般的なリスク・副作用

1.治療の限界

  • 下顎前突などの骨格の著しい異常は矯正治療だけでは治せません。外科手術が必要になることがあります。
  • 前歯の上下の正中(中心の線)のずれが大きい場合は、一致しない事があります。
  • 歯の根と骨が直接くっついている(=骨性癒着)場合は、歯を動かせないことがあります。
  • ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • 体質により金属等のアレルギー症状(特にニッケルなどの金属)を引き起こし、治療継続できないこともあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

 

2.治療過程において

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いです。
  • 装置に慣れるまでに口内炎ができることがあります。
  • 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 診断時に計画した治療方針が変更される場合があります。
  • お約束通りに通院しない場合は治療期間が延長します。また、治療期間は患者さんの年齢、協力度にもよります。
  • ゴムかけ(顎間ゴム)の指示をすることがあります。指示を守り、協力して下さい。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 歯みがきが悪い場合には、むし歯や歯肉炎、歯周病になることがあります。
  • 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。

 

3.治療結果として

  • 歯根の先端が短くなる歯根吸収が起こる可能性があります。観察のため4~6ヶ月ごとレントゲン写真を撮ります。
  • 歯肉退縮することがあります。年齢、歯の形、叢生の程度などによりブラックトライアングルができることがあります。
  • 側貌、口元の変化が起こります。治療方針の外科併用、抜歯、非抜歯に関係があります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。

 

4.保定

  • 矯正装置をはずした後、保定装置を指示通り使用しないと歯並びは後戻りを起こします。
  • あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。

 

このページのトップへ