健康で明るい笑顔は美しい歯並びから 大川矯正歯科クリニックは、お口の健康を通じて、身体ともに健やかに暮らすためのお手伝いをいたします。
患者さんの声 自分に似た症例を探す 397件!
矯正歯科専門医(歯学博士)によるオンライン矯正相談受付中!お口、お顔の写真をお送りください。カンタン入力!相談フォームはこちら

トピックス

寒くない11月2019/11/15

秋も深まり、紅葉の見頃を迎える季節となりました。

11月になっても暑い日もあり、これから来る冬はどうなることでしょう。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気を付けてください。

10月中にグリーンカーテンは始末したり、玄関脇の屋内に退避しました。

11月は冬支度となります。今年も定番のパンジーにしました。

これから来年の連休前まで咲いて治療室を和ませてくれるでしょう。

矯正治療の相談はこの時期は比較的少なくなってくるものですが、それでもぼちぼち相談はあります。

年末の慌ただしい時期の相談が多いのですが、それを早めて相談に来るのもいいかもしれません。

先週のブログより2019/11/18

『突然新患相談』 2019/11/15

当クリニックはすべて予約制なので予約簿にない方が来ることはほとんどない。

新患もすべて電話またはメールなどで予約簿に入っている。

今日の午前は予約は一人だけで残った時間で専門医審査申請準備をしようかと思っていた。

その一人の患者さんが終わろうとする頃、突然、若い男性が初診の予約を取りたいと窓口に現れた。

その方は静岡医療センター口腔外科からの紹介状を持っていた。

幸い時間が空いていたので、即、初診相談を始めることにした。

紹介状を読むと、下顎両側の第2,3大臼歯が埋伏し位置関係が難しい状態になっているのだと推測した。

実はその症状の患者さんを半年ほど前に静岡医療センターに送っている。

難しいため担当の先生とも相談し、とてもうまく抜歯していただいた。

その件があるから当クリニックに紹介があったと思った。

すぐに矯正相談に入ったが、矯正治療の場合、主訴がはっきりして治療への意欲が強くなければ成功しない。

だから、紹介先でそのことを「相談してきてください」だけでは良い治療結果に結びつかない。

症状は他にも側切歯のクロスバイト、小臼歯の転位などあったので指摘して全体的な矯正をお勧めした。

しかし、料金、装置、期間など治療に入るには困難がある。

時間をかけて説明したが、治療を始めていくかどうかはわからない。

それでも、結果が両側第2、3大臼歯のすべての抜歯になったとしても口腔外科の先生は矯正相談の結果そうなったの方が気が楽になるだろう。

このようなケースの矯正治療を難しいがやってみたい。

駐車場のご案内2016/11/19

お車でお越しの方は、

玄関横3台と向かいNo.1No.6

にお停め下さい。

※図はクリックすると拡大できます。

このページのトップへ