健康で明るい笑顔は美しい歯並びから 大川矯正歯科クリニックは、お口の健康を通じて、身体ともに健やかに暮らすためのお手伝いをいたします。
患者さんの声 自分に似た症例を探す 391件!
矯正歯科専門医(歯学博士)によるオンライン矯正相談受付中!お口、お顔の写真をお送りください。カンタン入力!相談フォームはこちら

トピックス

夏から秋へ2019/09/04

学校は先月末より始まり、長かった夏休みも終わりました。

暦の上では9月は秋ですが、まだまだ残暑は厳しいようです。

今年のグリーンカーテンは南西窓に昨年冬を越した時計草が現在に至っています。

北西窓は一今年は食用ヘチマの大きな葉で被われましたが八月後半に枯れました、南窓は各種花でグリーンカーテンはなしで過ごしました。

暑い中の水やりが大変でしたが、なんとか窓はグリーン覆われました。

しかしあまりに強い日差しで、トケイソウ以外は葉がしおれて日光が差し込んでブラインドがやはり必要です。

秋になり、いつ片付けて来年はどうするかなど考えてしまいます。

ここ学園通りは夏休みで学生はまばらでしたが、2学期が始まり、学生たちでにぎやかになってきました。

夏休みの歯並びが気になっていても相談できなかった方々は夕方、土曜日など初診をお受けします。

お気軽にお問い合わせください。

先週のブログより2019/09/23

『顎変形症の男子高校生3人』 2019/09/18

この夏休みに顎変形症の相談が多くあり、その大部分は高校生だった。

それが検査、診断、抜歯を終えて装置装着の時期となってきた。

夏休み中は比較的自由に来院出来たのだが、休みが終わるとそうはいかない。

顎変形症の患者さんは混み合う土曜日は避けてもらっているので平日の夕方に集中する。

それも最後の時間の予約を希望する。

だから今日の夕方の最後は顎変形症の男子高校生3人の予約が入っていた。

それでは、1人に十分な時間がとれない。

マルチブラケット装着の患者さんがいたが、今日は大臼歯8本のバンド装着のみだった。

さらに夕方しか来られないのなら次回上顎、さらにその次ぎに下顎を装着するつもりだった。

でも平日に文化祭の代休があることが分かって、次回1回で全部装着できることとなった。

この夏に増えた顎変形症の患者さんは来年、再来年の手術となる。

今、新患は静岡医療センターでの手術をお願いしている。

きっと来年の夏休み、再来年の春休みあたりの顎変形症の手術件数が増えることだろう。

駐車場のご案内2016/11/19

お車でお越しの方は、

玄関横3台と向かいNo.1No.6

にお停め下さい。

※図はクリックすると拡大できます。

このページのトップへ