カテゴリー

最新の記事

2020.07.11
デユアルバイト
2020.07.10
フィックスドリテーナーとMRI撮影
2020.07.08
左上第二小臼歯萌出余地回復
2020.07.07
第二大臼歯が近心傾斜
2020.07.06
口元が出ている相談

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。8/13~16は休診となります。ご注意下さい。
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2010年8月23日の記事

口蓋裂の10年治療2010/08/23

2001年に口蓋裂で反対咬合の8歳男子が現在17歳でマルチブラケット治療を終了しして装置を今日、撤去した。

カルテに張ってある8歳の小学生は180センチくらいあるかと思われる身長の高校3年生になっていた。

初診時に「高校卒業まで10年診るよ」と説明するが、実際にそういうことになった。

感想を聞いてみたら、装置をはずしたてきれいな歯並びになったことは喜んでいたが、長かったといっていた。けれどもマルチブラケットは1年4カ月ほどしかつけていないのだが。

期間は長いが、毎月通ったのは合計2年くらいで後の期間は3カ月から半年に1回程度の間隔であったので10年といっても、回数は60回あまりであった。

料金については、口蓋裂が原因の不正咬合であったため健康保険による治療でさらに育成医療(最近は自立支援)であったため、窓口での支払いはかなり軽減されていたはずだ。矯正料金

しかし、さらにこれから保定が始まる。口蓋裂は上顎の幅径を拡大してあるため戻りやすい。しっかりとリテーナーをつけさせて、その後の永久的な固定も考えなければならない。

ブログ2010年8月|18:32:42

このページのトップへ