カテゴリー

最新の記事

2020.06.02
カルテの整理方法
2020.06.01
顎変形症手術再開
2020.05.30
ホームページに治療前後の写真掲載
2020.05.29
側面からの歯根吸収
2020.05.27
口腔外バキューム使用が定着

アーカイブ

カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年4月1日の記事

癒着歯の心配2017/04/01

午後に24歳女性の診断を行った。

症例としては叢生を伴う軽度な上顎前突で、通常の小臼歯抜歯をすれば特別難しいとは思わない。

しかし問題なのは上顎右側中切歯が変色している。

既往歴を尋ねると小さい頃ぶつかったことがあるという 。

位置的には歯列からやや唇側に出ている。

パノラマx線写真やデンタルx線写真では歯髄がほとんど見えない。

歯根膜についてははっきりしない。

打診した音は何か高いような気がする。

このことから、その歯が癒着しているのではないか、と疑ってしまう。

しかし矯正治療前に癒着歯をはっきりさせるということはとても難しい。

結局動かしてみないとわからないという面がある。

動かない場合にはコルチコトミーのような外科的な手術の併用となるのかもしれない。

しかし、明らかに動かなければ、その歯の抜歯もあり得る。

いろんなことを想定して患者さんとお話しした。

結果、試しににブラケットをつけてその動き具合をみることにした。

注意深く観察すれば、その歯が動くものか癒着しているものかが分かるだろう。

事前に診断できないかとも思うが、それが一番確実なような気がする。

治療について

ブログ2017年4月|18:07:24

このページのトップへ