カテゴリー

最新の記事

2020.07.11
デユアルバイト
2020.07.10
フィックスドリテーナーとMRI撮影
2020.07.08
左上第二小臼歯萌出余地回復
2020.07.07
第二大臼歯が近心傾斜
2020.07.06
口元が出ている相談

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2020年6月20日の記事

過蓋咬合の相談2020/06/20

偶然キャンセルがあった午後の時間に初診相談の電話が入った。

すぐ来られるとのことで来院してもらい相談することになった。

見ると過蓋咬合の男子中学生だった。

下顎前歯が全く見えないほど深い。上顎前歯は舌側傾斜しているため前突感はない。

またAngleⅡ級2類の典型的なような側切歯が飛び出しているわけでもない。

だが、その咬合をふだん診もらっている一般歯科で指摘された。

そこにアルバイトに来ている矯正歯科医に診てもらったが良く理解できなかったという。

そこで矯正もやっている一版歯科医に相談したら、矯正専門を数件紹介されてという。

その1件目が当クリニックだった。

まず、その咬合の問題を歯科医に指摘される前に本人や保護者が気づいていたか質問した。

過蓋咬合を気づいて相談に来る方は少ない。やはり気づいていなかった。

そして、指摘されてもなぜ問題なのか疑問を持つ。

それらに矯正専門医としてお答えする。

一般的には、上顎切歯口蓋側に下顎前歯が食い込み傷つける、顎関節の問題が起きやすいとされている。

しかし、それらも起るとは限らないし、自覚がない場合もある。

やはり、矯正歯科は指摘されてだけでなく強い主訴(動機)がないと成功しないと思う。

このケース場合、それがはっきりしているかどうか分からなかった。

だから、よく考えて、さらに他の矯正歯科医の意見を聞くことも良いと説明した。

だが、夕方、次回検査の予約が入った。

やっていく以上、良い結果を出すように治療していきたい。

矯正相談

 

 

ブログ2020年6月|18:52:12

このページのトップへ