1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 混合歯列の上下顎前突

カテゴリー

最新の記事

2020.11.24
治療中の痛み
2020.11.21
歯根吸収とマルチブラケット撤去
2020.11.20
口腔内スキャナーのデモ
2020.11.18
マウスピース型装置の適用
2020.11.17
転医の相談

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。年末年始は12/29から1/4まで休診となります。
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2020年10月21日の記事

混合歯列の上下顎前突2020/10/21

8歳の男の子の矯正相談あった。

主訴は出っ歯だがオーバージェットが大きいわけでもない。

上下顎の歯列の狭窄もない。上下顎前歯にわすかに隙間がある。

明らかに口唇閉鎖不全でそのことが気になっている。

これを満足のいくように治すには永久歯列で抜歯ケースとしてやるしかないとみた。

そこで、口元が出ていて口唇閉鎖不全の解決を強く望むことと抜歯への抵抗感についてたずねた。

そうすると抜歯への理解があるような返事を受けた。

それなら永久歯列まで待ってやればいいことになる。

混合歯列で僅かなスペースを閉鎖しても、大して口唇閉鎖への効果はない。

そして、ここで始めれば積極的な動的治療は1年くらいでもその先、永久歯列まで保定しながら観察する。

その結果が再診断で抜歯では治療がとても長く感じ負担が大きい。

長い矯正治療をできるだけ能率的に行えるように考えていくと待つという選択もあると思う。

矯正相談

 

 

 

ブログ2020年10月|19:39:26

このページのトップへ