カテゴリー

最新の記事

2022.07.04
外科併用患者の終了
2022.07.01
今夏の手術予約
2022.06.29
下顎第2大臼歯萌出
2022.06.28
新患4人全て反対咬合
2022.06.27
再印象

アーカイブ

カレンダー

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方・土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2022年6月22日の記事

矯正相談が4人2022/06/22

今日は初診相談3人、再相談1人の4人の相談に対応した。

3人は20代、1人は30代だが全て女性だった。

矯正治療はこんな地方でも大人の治療になってしまったか。

その年代の女性だと結婚式に装置は外せないかとか、妊娠中の治療はなどの相談が絡んでくる。

できれば装置の一時撤去など言わないで欲しいし、妊娠とも並行したくない。

でもこの年代を治療していると時々対応しなければならなくなる。

そのことは承知でも、初診相談の時には原則的なことを言って説明した。

また30代の女性は骨格的な反対咬合、構成咬合はとれるが顔つきをみると手術ではないか思った。

しかし、出産間もないようで手術での入院はできないようだ。

矯正治療のみでできないかとの相談だった。

できないこともないが外科併用の良さを経験してしまうとカムフラージュ治療はしたくなくなる。

結局そんな説明となってしまった。

それでも、このような需要があるのだから、なんとか応えなければならない。

その一方で、そんな時期になる前に矯正治療を終えていることができないものかと。

矯正相談

 

 

ブログ2022年6月|19:50:41

このページのトップへ