1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. マルチブラケット治療中3ヶ月の留学

カテゴリー

最新の記事

2020.07.11
デユアルバイト
2020.07.10
フィックスドリテーナーとMRI撮影
2020.07.08
左上第二小臼歯萌出余地回復
2020.07.07
第二大臼歯が近心傾斜
2020.07.06
口元が出ている相談

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。8/13~16は休診となります。ご注意下さい。
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年8月4日の記事

マルチブラケット治療中3ヶ月の留学2017/08/04

高校2年生で3カ月程度の留学という形で通院できなくなる患者さんがいる。

今年は、マルチブラケットをつけている2人の患者さんがそのような予定となった。

いずれもマルチブラケットをつけてから1年2カ月程度。

ある程度進行しているが終了と言うにはまだ早い状態であった。

可能であれば出かける前に装置をはずすことが良いと思う。

しかし、その予定を聞いた春頃にはどちらもまだ装置撤去の見通しがたたなかった。

しかし、 1人のほうはなんとかはずせる状態にこぎつけて一昨日装置を撤去した。

もう1人だが、良い状態となるには、もうしばらくの期間を要すると診て説明した。

通常そのような場合には装置をつけたまま留学してもらう。

いろいろトラブルがあるかもしれないが、装置調整を2回ほどしなかった程度の遅れですむ。

その患者さんは装置を撤去して留学し、戻ったらまた全部付けてくれという。

しかし、マルチブラケット装置はそのような性格の装置ではないと考えるのが矯正の常識だと思う。

そこで仕上げが不十分な状態であることは承知だが、今日、終了として装置を撤去しクリアリテーナーを装着した。

この様な結果で終わるのは残念だが、リテーナーが使われて、ずっと先に当クリニックに限らず治療の機会があるのかも知れない。

治療について

ブログ2017年8月|19:19:40

このページのトップへ