1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 2013年の治療の続き

カテゴリー

最新の記事

2020.07.06
口元が出ている相談
2020.07.04
歯周病と矯正治療
2020.07.03
口元がでているのが主訴
2020.07.01
久しぶりのアンカースクリュー植立
2020.06.30
プライヤーの手入れ

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2020年6月29日の記事

2013年の治療の続き2020/06/29

2013年頃マルチブラケット治療を行った男子小学生が現在は大学生となり相談に来た。

症例は上顎前突で本人は強く抜歯を嫌がった。

その結果、非抜歯で治療を行いオーバーバイトオーナージェット、両側臼歯咬合関係は改善した。

しかし予測したとおりの上下顎前突となった。

結局それで当時は終了し、下顎フックスリテーナーと上下顎クリアリテーナーで保定観察に入った。

クリアリテーナーはあまり使われず、来院もなく現在に至った。

今日、診てみると下顎4前歯にはフィックスドリテーナーがまだ付いていた。

だから、4前歯は叢生になっていない、しかし左下犬歯は唇側に飛び出していた。

オーバージェット、オーバーバイトは適切で両側大臼歯咬合関係はⅠ級だった。

今回、上下顎前突が主訴で今は抜歯も了解しているので抜歯ケースとして治療していくことになる。

もし、小学生のころの治療がなかったらオーバージェットは大きく臼歯咬合関係はⅡ級だったろう。

その状態で治療するより、現状に方がはるかに容易にできる。

それを考えると、上下顎前突になってがっかりした小学生のころの治療も役に立ったのかとちょっと喜んだ。

治療について

ブログ2020年6月|19:55:46

このページのトップへ