1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 歯根吸収とマルチブラケット撤去

カテゴリー

最新の記事

2020.11.24
治療中の痛み
2020.11.21
歯根吸収とマルチブラケット撤去
2020.11.20
口腔内スキャナーのデモ
2020.11.18
マウスピース型装置の適用
2020.11.17
転医の相談

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。年末年始は12/29から1/4まで休診となります。
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2020年11月21日の記事

歯根吸収とマルチブラケット撤去2020/11/21

今日の最初の患者さんは先月に軽度な歯根吸収を指摘した20代女性の患者さんだった。

マルチブラケットで1年半、スペースクロージングが進み細かい仕上げの時期だった。

歯根吸収については最初に説明し、定期的なX線写真撮影を行い根尖の状態を説明している。

そして、現状で吸収が起る患者さんが少しいることはやむを得ないと思っている。

それでも動的な治療が終われば吸収は進まないと考えている。

だから、吸収が起ってきたら、早く動的治療を終了したい。

しかし、必ずしも終わりが近いとは限らない、クロージングの最中のこともある。

そんな時はとても困る。なんとか歯根に負担をかけないようにして早期終了を目指す。

そんなことを考えながら患者さんの治療の進行状況を診た。

残っていた正中の僅かなズレ、やや大きいのオーバージェットが改善していて装置撤去の条件にかなう状態だった。

これ以上マルチブラケットを続けなくて済むとホッとして、さっそくフィックスドリテーナ-接着をした。

次回撤去となるがこれで吸収は進まないだろうと安堵した。

X線写真で歯根吸収像を見るたびに嫌な思いをするが、今回はその中でもちょっとよかったのかもしれない。

治療について

 

 

ブログ2020年11月|19:01:45

このページのトップへ