1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. マスク付きでCT撮影

カテゴリー

最新の記事

2021.02.24
今年初めての手術が戻ってきた
2021.02.22
術前矯正の終わりの確認
2021.02.20
抜歯部位の選定
2021.02.19
静岡市の病院から電話
2021.02.17
模型の画面での説明

アーカイブ

カレンダー

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2021年1月20日の記事

マスク付きでCT撮影2021/01/20

今年に入って顎変形症の手術が続く。

手術前には診断を行いシュミレーションして上下顎の位置を決める。

それでサージカルプレートを作っていく。

その分析や製作のために分析ソフトのドルフィンを使っている。

そのデータには、顔面写真正面、レントゲンCT、模型のSTLファイルが必要となる。

顔面写真は通常の検査のなかで診療室で撮影している。

模型のSTLファイルは技工所でスキャンしてもらっていたが今年からは口腔内スキャナーでできる。

今日、問題となったのは静岡医療センターで撮ってもらているCT画像だった。

DVDで骨格を見ると特に問題ない。ドルフィンで合成された画像を見るとひどい反対咬合なのに口元が出ている。

原因がわからなかった。リモートで販売会社に聞いてみた。そこから見えてきた画像はマスクをしている。

X線はマスクを通過するため、骨組織を見るためにはマスクを着けたまま撮影しても問題ない。

でも、画像処理すれば軟組織も見えるしマスクも見えてしまう。

そのマスクの画像を拾って合成したため口元が出て画像となっていたのだった。

コロナ感染予防でマスク着用が当たり前になっているがこんなところに影響がでるなんて。

今回はなんとかマスクの部分を画像上で切り取り、再撮影にはしなかったが、マスクなし撮影をお願いした。

治療について

 

 

 

ブログ2021年1月|19:48:32

このページのトップへ