1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 診断後でプレート装着と決めて

カテゴリー

最新の記事

2021.06.18
再相談
2021.06.16
診療室床掃除
2021.06.15
ドルフィンでの分析
2021.06.14
顎変形症かといわれても
2021.06.12
マルチブラケット3年

アーカイブ

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2021年6月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
2021年7月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2021年5月11日の記事

診断後でプレート装着と決めて2021/05/11

9歳の女の子の矯正診断を行った。

左側臼歯部にクロスバイトがあるため上顎拡大することにした。

装置はスクリュープレートにすることにした。

そんなとき診断後に時間があればアルジネート印象し石膏を注ぐ。

でも、今年からは診断用模型は口腔内スキャナーでスキャンし3Dプリンタで作製している。

そうなると、スキャンしたデータが残っている。

そのデータを使って技工ができないかと考えていた。

3dプリンタで作った診断用模型で技工作業には不向きであることは今までの経験で分かっている。

先週からは光造形の3Dプリンタが実用になってきている。

そこでパソコンに保存してあるその患者さんのSTLデータを光造形でプリントし作業模型に加工することにした。

慣れてしまえば簡単ですぐにデータの処理はできた。

今までは診断後に患者さんが不快な印象をして、その分の治療費を頂いていた。

今日はそんな処置はなく、次回プレートのセットを予約するだけだった。

そしてもう一つ、その様にして作ったクリアリテーナーを初めてセットした。

ぴったりで問題なかった。新しい器械により治療の流れが変わることとなった。

治療について

ブログ2021年5月|20:06:23

このページのトップへ