カテゴリー

最新の記事

2022.12.03
開咬の安定は難しい
2022.12.02
ホームページの活用
2022.11.30
第2大臼歯の近心傾斜埋伏?
2022.11.29
子ども病院からの紹介は5歳
2022.11.28
9年後の再相談

アーカイブ

カレンダー

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方・土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2022年12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2022年9月28日の記事

鋏状咬合2022/09/28

最近、鋏状咬合をよく見るようになった。

現われる部位は両側または片側の第2大臼歯に多く見られる。

原因は臼歯部でのスペース不足と考えられる。

先日の診断では前歯が歯根が極端に短いため両側の第2大臼歯の鋏状咬合のみの治療とした。

今日も診断も両側の第2大臼歯の鋏状咬合だった。

この患者さんは他にも叢生や正中のズレがあったため抜歯ケースとして治療することになった。

鋏状でも深くかみ合っていなければそれ程難しくないがガッチリ咬みこんでいるとなかなか飛び越えない。

そこでかみ合わせを一時的に挙げておく、最近はそれをやりだしている。

上顎の第2大臼歯をリンガルアーチのフックからパワーチェーンで口蓋側に引くやり方をよく使う。

でもアンカースクリューを口蓋に植立もあるがまだやったことはない。

歯が並ぶ隙間が足りないといろんな不正咬合が現われる。

現代人はこれらに対応するために抜歯して治療もやむをえないのだろう

治療について

 

ブログ2022年9月|19:57:46

このページのトップへ