カテゴリー

最新の記事

2020.07.11
デユアルバイト
2020.07.10
フィックスドリテーナーとMRI撮影
2020.07.08
左上第二小臼歯萌出余地回復
2020.07.07
第二大臼歯が近心傾斜
2020.07.06
口元が出ている相談

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。8/13~16は休診となります。ご注意下さい。
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2011年11月5日の記事

歯周病と矯正2011/11/05

昨年1月、初診相談した34歳女性はとても進行した歯周病だった。

その時は欠損は1本もなかったが、歯槽骨の吸収は全般的にひどく一部はほとんど骨がない状態だった。

歯列は上下顎前歯部に叢生と空隙、特に上顎正中は4ミリ離開していた。すぐに治療をしたいのだろうが、とてもそのような状況ではなく、歯周病の専門医を紹介した。

そして先日、一通りの治療が終えてもどってきた。左上第一大臼歯が抜歯されていた。

パノラマレントゲンを撮影して診ると、回復というより安定したのかなという状態だった。歯周病でも安定していれば、また管理してもらえれば矯正治療は可能ということになっているので、今日、治療を開始することを決定した。

たぶん、骨が少ないので短期間で動くだろうが、歯周病の悪化が気になる。

だから、前歯部を中心にを無理しないで治して、早めに終わりにするしかないだろう。

そして、その後の保定や歯周治療でいう固定も必要になってくるであろう。いつまで歯を抜かずにおけるか歯周病専門医と連携し、患者さんの協力を得ながら進めていきたい。

治療について

ブログ2011年11月|18:25:02

このページのトップへ