1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 先天欠如歯の十数年後

カテゴリー

最新の記事

2020.07.11
デユアルバイト
2020.07.10
フィックスドリテーナーとMRI撮影
2020.07.08
左上第二小臼歯萌出余地回復
2020.07.07
第二大臼歯が近心傾斜
2020.07.06
口元が出ている相談

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2012年10月26日の記事

先天欠如歯の十数年後2012/10/26

今日の新患相談は、下顎両側第2小臼歯の先天欠如と思われる35歳の男性だった。

その歯が交換する第2乳臼歯はすでになかった。 そうなると、ほどよく残りの歯がばらけて、うまく並んでいるようにも見える。

しかし、歯が足りないわけなので、ところどころに隙間が残る。下顎前歯にも気になるくらいの隙間がある。

診断前だが正しいかみ合わせにして、隙間をなくす方法の概略の説明をした。

足りない歯の部分の隙間を空けてその部を補綴するか、または上顎も2本抜いて叢生の改善と咬合の確立をを行うかどちらかであろう。

どちらかというと矯正専門の私は補綴に頼らない後者を選びたいほうだ。

スペースを空ければ、最近ではそこにインプラントなのかもしれない。

しかし、まだインプラントが最善なのか私にはわからない。費用についても矯正治療費に加えて、それ以上の額がかかるのかもしれない。

そのような説明をした。どうやら抜歯して矯正のみで解決する方向に考えたようだ。

でも、患者さんが帰った後、このままでは絶対にいけないのだろうかと自分に問いかけてしまった。

治療について

ブログ2012年10月|19:29:19

このページのトップへ